ダイレクトメールの有効な活用術

ダイレクトメールはDMと呼ばれ、その名の通り見込み客に対して直接、何らかの方法で商品やサービスの宣伝を行うというものです。基本的には郵送によるものを指しますが、電子メールやファックスを利用したものも含まれます。この方法のメリットとしては見込み客に直接宣伝することで、一般的な看板広告やメディアを使ったコマーシャルと比べると、伝わりやすいもので多くの情報を提供することができるものです。一方でデメリットとしては費用がかかることや、見込み客以外にも送付してしまい無駄となってしまうこともあります。このような事から利用する場合には費用対効果を重視し、またその効果を高めるためにさまざまな工夫をすることが大事です。特に継続的に顧客を確保する上では有効な活用術は欠かせません。

ダイレクトメールを利用する場合の問題

ダイレクトメールは基本的には見込み客に対して直接、宣伝広告をするものですが、問題はその対象者が見込み客であるのかの整理が重要です。送られた側にとって興味のないものであった場合には逆効果となるリスクがあります。また個人情報保護法によってリストを購入して不特定多数の人に送付するといったことは困難になっており、このため自社で送付先リストを確保する必要があるなど、スタートするまでに時間が掛かるものです。もちろん、リストを用意して発送してくれる業者もありますが、その場合にははじめての相手に送付するために十分な効果を得られないことも考えられます。このようなことから、送付するさいにはその送付リストやそれらを使って送ったあとの反響といった顧客管理が必要になります。

メリットと有効な活用術を考える

ダイレクトメールは開始した時点では、得られる効果は未知数です。しかし上手く行けば、有効な宣伝広告の方法として機能させることができます。特に見込み客のニーズにマッチした内容であれば有効的に売上を伸ばすことが可能になります。有効な活用術は、お店の場合にはキャンペーンや売出しといったさいに行うことやクーポンを付与することで集客力を高めることができます。通信販売の場合には季節の商品や利用者が過去に購入した時期をみて、新たな商品の購入や買い替えを検討する時期に送付すれば有効的に宣伝広告として作用させることが可能です。いずれにしても送付するタイミングによってその効果が変わってくるため、費用対効果を十分に高めるためにも顧客管理と合わせてすることがポイントになります。