必ず目を通してもらえるダイレクトメールの特徴

ある企業がお客さんに対して商品やサービスを提供するときには、事前に口コミでもないかぎり告知をしておく必要があります。いわゆる宣伝をすることにより、その商品やサービスをお客さんに伝え最終的に売り上げを伸ばすことができます。その方法の一つが、ダイレクトメールになります。通常のチラシとの違いは、名指しになっているかどうかです。ダイレクトメールの場合は、お客さんの目を集めて住所と名前を調べてからその住所と名前のところに送りますので、開封される確率が高くなります。ただ、これは形式上の話であり、実際に開封されるかどうかは別の問題です。では、どのようにしたら開封されやすくなるでしょうか。その具体的なやり方を見ていき、より成果の上げる方法を考えていきましょう。

最初の1行に魂を込めることが重要

ダイレクトメールを可能なかぎりお客さんに見てもらう方法の一つは、最初の1行にあります。はじめの1行が大したことがなければ、下まで目を通してくれません。ですが、初めの1行が素晴らしければあるいは興味のあるものならば最後まで読んでくれる可能性がかなり上がるといっても過言ではないです。なぜはじめの1行が重要かといえば、多くの人は忙しいからです。例えば、ポストにたくさんのチラシが来ている場合、それをはじめから最後までじっくり読む人はかなり暇な人と言えます。ほとんどの人は、忙しいためわずか1秒か2秒でごみ箱に捨てるかどうかを判断します。つまり、出だしの1秒間か2秒間に目を通す部分に興味が惹かれる内容が書かれていなければ、それを捨ててしまいかねません。そのため、最初の1行に魂を込めるわけです。

途中の内容がだめだとやはり最後まで読まれない

最初の1行が重要なことはよく知られています。そのため、最初の1行にとても力を入れる人も少なくありませんが、だからといって滑り出しが素晴らしければ最後まで読んでくれるとは限らないことに注意をしておく必要があります。そもそも、最初の1行は大事だけども途中が大事でないわけではありません。せっかく読み始めたのに、読んでいても内容がつまらなかったり興味をそそられるようなものでなければ中で読まなくなってしまいます。途中の内容もしっかりとしたものにすること、そして興味を持ってもらえるような内容にすることが重要になるでしょう。これには、お客さんの属性を明確にすることそして商品やサービスの内容をよく考えることです。ペルソナを考えて、その人をイメージしながら書くことが大事になるといっても過言ではありません。